乳がん検診の流れ

乳がん検査

乳がん検診の流れ

STEP.01問診

floe01

まず問診表を記載して頂きます。
乳がん検診歴を記入するほか、家族歴、妊娠・出産の経験、および母乳授乳をしているかなどを記入します。
また乳房にしこりについて痛みがある、乳頭からの出血や分泌液がみられるなど、事前の自己診断による現在の症状についてもご記入ください。

STEP.02問診を元に診察いたします

floe01

乳房の形に変形がないか、しこりが触れないかを確かめます。
乳がんの疑いは5~10mm程度のしこりから判別できます。もし乳がんが見つかった場合でも、30mmくらいまでは乳房全部を切除せずに温存治療が可能なケースが多くあります。
また、しこり以外では、乳頭からの出血、分泌液に血液が混じっていないか、乳頭の陥没がないかなどを診ます。さらに、がんが転移しやすい、わきの下のリンパ腺や頸部、鎖骨のリンパ腺の様子も併せて触診します。

STEP.03マンモグラフィ

floe01

日本医学放射線学会の仕様基準に適合した、最新のマンモグラフィシステムを導入しております。

マンモグラフィ検査では
主にCC(Cranio-Caudal)と呼ばれる上下に乳房を挟んで行う撮影と、MLO(Medio-Lateral Oblique)と呼ばれる斜め方向に乳房を挟んで行う撮影の2種類が行われています。

STEP.04エコー

floe01

フルデジタル超音波診断装置を導入しております。
乳房、甲状腺、血管、腹部の画像診断を痛みなく行えます。
診察に引き続き院長が直接行います。
とくに予約の必要はありません。

その他の診察

甲状腺疾患

  • 内科
  • 外科
TEL.0721-20-1500